ウィズコロナ時代のカンボジア出入国【情報源まとめ】

ウィズコロナ時代のカンボジア出入国【情報源まとめ】

2020年11月25日、待望の全日空直行便・成田〜プノンペン線の再開が発表されました。

元通りの毎日運行とはいかず(週2往復)、2020年12月から2021年1月の一部日程のみの運行ではありますが、カンボジアを愛するすべての日本人にとって、これからの路線復活に向けた希望の光を感じる運行再開となりました

直行便の再開によって日本とカンボジアとの往来にもわずかに扉が開き始めたものの、現在のコロナ禍においては、国際的な防疫措置を最優先に考え、遵守した上で準備を進めていく必要があります

そこで今回は、カンボジア出入国にまつわる最新情報を正しく入手していくために役立つ情報源についてまとめてみました。

本記事は、2020年12月13日時点の情報に基づいています。カンボジアの入国規制は今後も流動的に予告なく変更が生じる可能性があります。

最新情報のアップデートは不可欠

信頼できる情報源が限られてしまっていることは、カンボジアで暮らす上で誰もが感じる難しさのひとつです。

厳格な防疫措置をはじめとした複雑な状況を正しく理解するためには、私たちの母国語・日本語での情報源を参照することが一番の近道でしょう。

日本語で確認できる情報源

まず第一に、在カンボジア日本国大使館カンボジア日本人会が発表している各種の情報には、ぜひとも目を通しておきたいところです。

注意すべき最新情報が頻繁に更新されていますので、必ずチェックするようにしましょう。

WebサイトFacebook注目度備考
在カンボジア日本国大使館あり★★★出入国規制の最新情報からカンボジア政府発表の日本語訳まで常時更新
外務省 海外安全ホームページあり★★☆在住日本人向けの領事メール履歴は必見コンテンツ
カンボジア日本人会あり★★★知っておくべき最新の注意点について丁寧な解説あり
在大阪カンボジア名誉領事館あり★★複雑な入国規制情報もわかりやすく解説、関西圏でのビザ申請もサポート
日本橋夢屋なし★☆出張手配のプロ集団によって世界各国の入国制限情報を網羅、常時更新

英語・クメール語での情報源

刻一刻と変化する状況の中、大使館による情報発表よりも早い情報収集が求められるシチュエーションも、場合によっては起こり得ます。

各行政機関のWebサイトやFacebookページでは、英語やクメール語での情報として、カンボジア政府当局による発表内容をリアルタイムで確認していくことができます。

WebサイトFacebook注目度備考
カンボジア王国外務国際協力省
Foreign Affairs and International Cooperation
あり★★☆COVID-19関連の入国規制情報ページは要注目、最新情報はページ下方に追加更新
支払保証申請サイト
VALIDATION APPLICATION ON PAYMENT GUARANTEE
あり★★支払保証制度によるカンボジア版ビジネストラック利用者は必読(2020年12月12日以降は一時停止)
カンボジア王国保健省
Ministry of Health
あり★★★防疫措置に関する発表がFacebookページに逐次更新、ただし基本的にクメール語による
カンボジア国内企業などによる支払保証を受けてカンボジアに入国する制度は、2020年12月12日以降、一時停止しています。そのため、2020年12月現在、すべてのカンボジア入国者は入国後最低14日間の強制隔離措置の対象となりますのでご注意ください。

まとめ

2020年、パンデミック脅威に対して世界中の国々が”鎖国”を進める中、カンボジアは独自の防疫措置のもと、外国からの訪問客を受け入れ続けてきました。

しかしながら、”11月3日事変”の発生11月28日市中感染発見および拡大を受けて、2020年12月現在、カンボジア入国条件および防疫措置はこれまで以上に厳しい条件のもと、緊張と混乱の度合いが増しています。

幸運にも出入国を全面的にサポートしてくれるようなパートナーに恵まれた場合にも、この混乱した状況においては、人任せにすることなく自分自身の責任のもとで最新情報を把握しアップデートしていくことが何よりも大切です

年末年始に一時帰国をご予定の方も、これからカンボジアへの短期出張を計画されている方も、くれぐれも最新情報の入手を念頭においての行動を心がけください。

”ウィズコロナ”の現在であっても、皆さまのカンボジア出入国が安全で確実なものとなりますように、皆さまの無事と健康を心から祈ります。

安全情報カテゴリの最新記事