これが正解!? 日本から持ってきてよかったもの・便利なもの【2018】

これが正解!? 日本から持ってきてよかったもの・便利なもの【2018】

いざ日本を離れカンボジアへ──。

出発を前にした最初の悩みどころは日本から何を持っていくべきか?ではないでしょうか。

生活に最低限必要な衣服や身の回り類はもちろん、あれもこれもと荷物にしまいこんでいくと、あっという間にスーツケースがパンパンに。

迷った時には優先して荷物に加えてもらいたい、日本から持っていくと便利なアイテムをご紹介します。

カンボジア生活のオアシス。あってよかったイオンモール

Aeon Mall Phnom Penh
イオンモールの開業でカンボジアでの生活スタイルは大きく変わりました

2014年6月30日のグランドオープン以来、カンボジアでの生活スタイルを大きく変えてきたのがイオンモールの存在です。さらに今年、2018年6月20日にはプノンペン郊外のセンソックに2号店がグランドオープンを迎えました。

プノンペン在住者のみならず、シェムリアップやバッタンバン、その他のエリアに住む日本人にとっても、日本と同じ製品を数多く揃えたイオンモールはとても頼りになる存在です。

日常的な食材や消耗品など、日本と同じように必要なものがイオンモールで見つかって一安心。カンボジア在住の方にとっては、そんな経験もめずらしくないのではないでしょうか。

カンボジアでは入手しづらく、あると便利なアイテム

ただし、なんでもかんでも日本と同じように用意されているわけではなく、イオンモールでも手に入る商品は種類が限られてしまいます。

イオンモール等のカンボジア国内のショッピングセンターでは入手がしづらく、しかし日本から持ってくればカンボジア生活にとても役に立つ。限られた手荷物の中ですので、そんな便利なアイテムを選びたいところです。

その1:Chromecast(ストリーミングデバイス)

カンボジアでも、とりわけプノンペン市内の近代的なアパートやコンドミニアムに住む場合、大型の液晶テレビがすでに備え付けられていることが多いですよね。

しかし、そのテレビで視聴できる日本語放送はNHKの1チャンネルのみ。あとはカンボジア語や英語、中国語の放送ばかり……。


Google Chromecast チャコール

そんなときに、お住まいのWi-Fiを利用してインターネットに接続できるChromecast(もしくは類似のストリーミングデバイス)さえあれば、いつでもYouTubeやNetflixといった動画サービスをテレビ画面で楽しむことができます。

日本から遠く離れたカンボジアでは、日本語の放送を見つけることも一苦労。それなら、Chromecastを利用してYouTube等の動画サービスに常時接続できる環境を構築してしまいましょう。そうすれば、いつでも日本語での最新情報を得ることができて、カンボジア生活がぐっと便利になります。

その2:ワンプッシュ蚊取りスプレー

カンボジア生活の中でとても悩ましいのが害虫の存在です。室外・室内に関わらずやってくる蚊や蟻をはじめとした害虫にはイライラが絶えません。

特に厄介なのが、建物の中にも平気で入り込んでくる、蟻。アパートやホテルの室内に残していた食べ物や調味料に、あっという間に群がる蟻の大群。そんな光景に絶望を覚えた方も少なくないかと思います。


蚊がいなくなるスプレー 蚊取り 12時間持続 200日分 無香料 (防除用医薬部外品)

そこで役に立つのが、ワンプッシュ式の蚊取りスプレーです。

蚊取りスプレーは蚊にしか効かないものと思いがちですが、蟻に対しても効果てきめん。蟻の通り道にワンプッシュするだけで行列がピタリとやんでしまいます。

もちろん、室内外の蚊対策にも存分に威力を発揮。どこからか入り込んでくるしぶとい蚊に悩まされたときにも快適な空間が取り戻せます。蚊を媒介とする危険な伝染病の対策にも最適です。

その3:Amazon Kindle(電子書籍リーダー)

カンボジアをはじめとした異国に長く生活していると、日本語の書籍や新聞といった活字情報が無性に恋しくなるものです。

在住日本人にとって、書籍自体が少ないカンボジアでの大きな悩みが、日本語で読める活字情報がとても少ないことと言っても間違いないでしょう。


Kindle、電子書籍リーダー、Wi-Fi、4GB、ブラック、広告つき

Amazon Kindleをはじめとする電子書籍リーダーを事前に用意しておくと、本当に役立ちます。

日本からの出発前にAmazonにアカウント登録しておけば、カンボジアにいながらも日本の最新書籍を購入して楽しむことができます。

活字情報がいつでも手に入る環境と、それがない環境とでは、生活の質にあらわれる差は一目瞭然です。

まとめ:生活の質を向上させるために必要なもの

食料品や衣服、日常的な消耗品は、種類こそ日本のように豊富ではありませんが、最低限のものはイオンモールのみならず市内でも簡単に手に入るものです。カンボジアで手に入るものは日本から持ち込まず現地調達してしまうという方法は、荷物を増やさないという点で大きな利点があります。

しかし、上記に挙げたような生活の質を一変させるようなアイテムは、カンボジアではなかなか見つけにくいもの。

日本からカンボジアへの出発時、また日本への一時帰国のタイミングに、日本から持ってくるものを選ぶ際の参考にしてみてください。

豆知識カテゴリの最新記事