カンボジアでのお部屋探しに役立つ賃貸物件情報Webサイト【2018】

カンボジアでのお部屋探しに役立つ賃貸物件情報Webサイト【2018】

日々の生活にとって大切な要素を表す「衣・食・住」。

年中暑いカンボジアでは「衣」は夏服が活躍。また、人気のアウトレットショップや仕立屋さんをうまく利用すれば、普段着からビジネススーツといったものでも安価で手に入れることができます。

近年では「食」も充実。プノンペンやシェムリアップといった外国人の多い都市では、クメール料理のみならず西洋料理や日本食まで、バリエーションに富んだ食事を楽しむことができます。

しかし、生活の上で欠かせない「住」。カンボジアではどのようにしてお部屋探しを始めればよいのでしょうか。

そこで、賃貸物件を中心としたお住まい選びに役立つ代表的なWebサイトをいくつかご紹介します。

お部屋探しにWebサイトを利用するメリット

昨今、賃貸物件情報を簡単に閲覧できるWebサイトが増えてきました。カンボジアで暮らす外国人としては本当にありがたいかぎりです。

日中は強い日差しが照りつけ、移動手段も限られたカンボジアでは、実際の物件や不動産会社まで足を運ばずに情報収集ができるWebサイトは強い味方です。

日本語の情報は少なく、英語でのWebサイトがほとんどですが、難しい単語はそれほど使われていません。お部屋の面積や家賃といった情報はもちろん数字が中心なので、英語が苦手な方もがんばってトライしてみましょう。

Webサイトごとの特徴を知ればより便利に

それぞれのWebサイト(不動産会社)は独自の仕入ネットワークを持っているため、得意な物件の種類や価格帯はWebサイトによって異なります。

希望の条件を満たすお気に入りのお部屋を見つけるためには、できるだけ複数のサイトを見比べてみると良いでしょう。

Angkor Home

Angkor Home
[image] Angkor Home

Angkor Homeは、カンボジアの賃貸物件をデータベースから簡単に検索できる仕組み作りに定評のあるWebサイトです。

サイト自体のわかりやすさ、価格帯や設備といった条件での絞り込み条件の細かさに加えて、掲載物件の多さも魅力。カンボジアでのお部屋探しならまずはじめに見ておきたくなるWebサイトです。

「Map」を選べば地図上の立地を確認しながら検索結果を確認できるので、エリア重視のお部屋探しに力を発揮します。

realestate.com.kh

realestate.com.kh
[image] realestate.com.kh

realestate.com.khは、カンボジア最大手の不動産情報ポータルサイトです。

このWebサイトをポータルとして複数の不動産会社がそれぞれの情報を掲載しているので、情報の掲載量・更新頻度はカンボジア随一と言えるでしょう。スマートフォンで利用できるアプリも提供しています。

ただし、掲載情報や広告の多さから、わかりやすさの点では少し難があるかもしれません。

コンドミニアム等の新規開発物件の情報も幅広く紹介されているので、賃貸物件選びだけでなく、カンボジア不動産投資に興味のある方の情報収集にも役立つWebサイトです。

IPS Cambodia

IPS
[image] IPS Cambodia

2009年設立。IPS Cambodiaは、カンボジア国内での知名度も高いメジャーな不動産会社のひとつです。プノンペンだけでなくシェムリアップやシアヌークビルにも実店舗を構え、確かな実績を誇ります。

Webサイトは洗練されたデザインが特徴。それぞれの物件の持ち味がビジュアル的にわかりやすく伝わってくる好サイトです。

家族連れの駐在員でも安心して利用できるような、最新設備を備えてセキュリティー面にも優れた賃貸物件情報が豊富に紹介されています。

Freer Properties

FreerProperties
[image] Freer Properties

モダンなコンドミニアムやアパートメントだけでなく、市内に昔から残る建物を上手に改装したお部屋は「ローカルアパートメント」とも呼ばれ、カンボジア人や欧米人を中心に人気を集めています。

Freer PropertiesのWebサイトでは、そうしたローカルアパートメントの中でも、わたしたち外国人にも安心して利用できるような物件が数多く紹介されています。

建物の外観や入り口の様子からは想像もつかないようなモダンで広々としたお部屋が、コンドミニアムや通常のアパートメントよりもずっと安価に利用できる点がローカルアパートメントの最大の魅力です。予算の合う物件が希望のエリアに見つからない……、そんなときにこちらのWebサイトをチェックしてみると意外な物件が見つかるかもしれません。

まとめ:気になる物件を見つけたらすぐに内見しましょう

各Webサイトをチェックしてみて、気になる物件は見つかりましたでしょうか?

少しでも興味が湧いた物件があれば、すぐに内見をオススメします。Webサイトで紹介されている物件は、他の人からも同じようにチェックされているため、入居は「早い者勝ち」となっていきます。

また、実際の内見を済ませた後にも、入居を希望する場合にはできるだけ早く入居手続きを済ませるようにしましょう。カンボジアでは、日本のように入居まで取り置きをしてくれるような物件はまずありません。物件のオーナーはより早く家賃を支払ってくれる客に物件を貸してしまいます。

良いお部屋選びは、カンボジアの生活の質を大きく高める重要な要素となります。Webサイトを活用しながら、ステキな物件探しに役立ててみてください。

住まいカテゴリの最新記事